オーナー制度

私たち消費者が食べている農産物の育つ過程が知りたい、育ててみたいという方には、「オーナー制度」をご案内します。オーナー制度は、農作物に限らず、酒、真珠など種類も豊富で、全国各地で行われています。オーナーとして契約すると、管理は農家の方が行ってくれます。自分で畑に行って農作業することもできます。農産物が実ると、自分の手で自分の農産物を収穫し、持ち帰ることができます。地元の人とのふれあいイベントなどもあるので、地域活性にも役立ちます。
<< 茨城の大根オーナー制度 | main | 茨城のとうもろこしオーナー制度 >>
茨城のお茶オーナー制度
お茶

申し込み期間:1月-4月(要確認)
内容:1口3.3m2につき8000円
品種は、ヤブキタです。
大子地方のお茶は、奥久慈茶と呼ばれて日本で1番北の茶産地です。当園がお茶畑に名前をつけて、第1回目 5月には新茶300g、第2回目 7月には初夏萌煎茶300gと奥久慈ハーフティーをお届けします。また、お茶の手入れや茶摘みを体験できます。施肥・防除等管理は当園が実施します。
保証は、1口につき600g(新茶300g 初夏茶300g)です。
問合せ:http://www.daigo-mi-land.jp/taiken-ocha03_4.htm
| mnavinew | お茶 | 14:07 | comments(0) | - |










このページの先頭へ