オーナー制度

私たち消費者が食べている農産物の育つ過程が知りたい、育ててみたいという方には、「オーナー制度」をご案内します。オーナー制度は、農作物に限らず、酒、真珠など種類も豊富で、全国各地で行われています。オーナーとして契約すると、管理は農家の方が行ってくれます。自分で畑に行って農作業することもできます。農産物が実ると、自分の手で自分の農産物を収穫し、持ち帰ることができます。地元の人とのふれあいイベントなどもあるので、地域活性にも役立ちます。
<< 兵庫のゆずオーナー制度 | main | 福井のブルーベリーオーナー制度 >>
兵庫のお茶オーナー制度
お茶

申し込み期間:3月(要確認)
内容:100屐弊獣磴婆4kg)/20,000円(70区画募集)
茶葉の摘み取りです。神河のお茶の歴史は古く、約280年前に朝廷へ献上し「仙霊茶」の銘を授かって以来、農林水産大臣賞に輝くなど茶どころとして広く知られています。約7haの園内には、ほどよい甘味と渋味で煎茶の代表的ブランドといわれる「やぶきた」という品種を植栽しております。摘んでいただいた生葉は、自分で手もみしてオリジナルのお茶をつくることもできますし、組合で加工(別料金)することもできます。収穫は標準区画で生葉約20圈∪獣磴婆4堊蠹(5人家族で約1年分)が見込めます。
収穫時期は、5月に1番茶と6月に2番茶です。
施肥・防除等管理は当園が実施します。
問合せ:http://www.town.kamikawa.hyogo.jp/tourism/syukaku_ocya.htm
| mnavinew | お茶 | 20:01 | comments(0) | - |










このページの先頭へ