オーナー制度

私たち消費者が食べている農産物の育つ過程が知りたい、育ててみたいという方には、「オーナー制度」をご案内します。オーナー制度は、農作物に限らず、酒、真珠など種類も豊富で、全国各地で行われています。オーナーとして契約すると、管理は農家の方が行ってくれます。自分で畑に行って農作業することもできます。農産物が実ると、自分の手で自分の農産物を収穫し、持ち帰ることができます。地元の人とのふれあいイベントなどもあるので、地域活性にも役立ちます。
<< 奈良の棚田(米)オーナー制度 | main | 奈良のみかんオーナー制度 >>
奈良の日本酒オーナー制度
日本酒

申し込み期間:1月から2月(要確認)
内容:1口/20,000円(200口募集)
品種は、「大吟醸さかた」です。
飛鳥川の伏流水と、阪田の棚田で育てた山田錦(酒米)を使ったこだわりの純米大吟醸酒は、さわやかな香りとまろやかな味に仕上がります。
お酒コース・・・純米大吟醸酒(900ml)7本
新米コース・・・純米大吟醸酒(900ml)6本と新米5kg
※それぞれ上記大吟醸酒のうち、2本は年末に、残りは蔵でじっくり寝かせた後、翌年10月にお渡しします。
いずれのコースも、田植え、稲刈り等の農作業やしめ縄づくりの体験ができます(参加費別途)。明日香村内の造り酒屋「脇本酒造」の酒蔵も見学できます。
問合せ:http://www5.kcn.ne.jp/~yume-ask/umasisake.htm
| mnavinew | 日本酒 | 08:26 | comments(0) | - |










このページの先頭へ